ブログ|【いそざきファミリークリニック】|浜松市東区の内科・小児科

浜松市東区有玉北町1760-1
 053-432-6111 FAX 053-432-6112

ブログ

(内科)こんな症状が認められたら内科を受診

2020年8月18日

皆さんこんにちは。

いそざきファミリークリニックです。

病院にはいろいろな診療科があるので、体に何か異常を感じた時にどこを受診したら良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、当院にもある内科の受診がすすめられる症状についてわかりやすく解説します。

 

急に生じる病気(急性疾患)

●お腹の調子が悪い

腹痛・下痢、嘔吐、便秘など、お腹の症状がある場合は当院の内科を受診しましょう。

胃腸炎、便秘症などの病気が疑われます。

 

●発熱や咳、喉の痛み

発熱やせき、喉の痛みなどにお困りの場合は風邪やインフルエンザといった感染症が疑われます。

これらも内科で診る範囲の病気ですが、最近では新型コロナウイルス感染症の可能性もありますので、まずはお電話でご相談ください

 

●腰・背中の痛みや尿の不具合

腰や背中の痛み、頻尿、排尿時痛、残尿感、血尿などでは、膀胱炎、腎尿管結石、過活動性膀胱など、「オシッコの通り道の病気」が疑われます。このような場合は当院内科を受診ください。

 

●頭痛、貧血、めまいなど

お天気や肩こり、生理前後、心身のストレスなどで、頭痛・貧血・めまいに悩む方は意外と多いです。当院内科では、患者さん個人の状態に合わせて解決策を立てていきます。

これらも内科で診る範囲の病気ですが、最近では新型コロナウイルス感染症の可能性もありますので、まずはお電話でご相談ください。

このようにはっきりとした症状がなくても「何となく体調が悪い」という場合もまずは内科で診てもらうと良いでしょう。

 

ここまではいわゆる急性疾患であり、比較的自覚しやすい症状が現れるので、患者さんもわかりやすいことかと思います。内科ではさらに慢性疾患の診療も行っております。

 

徐々に進行する病気(慢性疾患)

腹痛・頭痛など、激しく急に起こる症状はないものの、放っておくと全身の臓器の働きが着実に損なわれていく病気を指します。

具体的には、糖尿病、高血圧症、慢性腎臓病、脂質異常症、痛風(高尿酸血症)などです。
これらの多くは生活習慣による病気(生活習慣病)であり、代表的な内科疾患です。

いずれも放置すると命に係わる可能性がありますので、早期に治療を開始し、治療を続けることが大切です。

当院では、生活習慣の改善・食事療法(管理栄養士の栄養指導)・薬物療法を三本柱とした治療を行っています。

生活習慣でお困りの方、検診や病院で検査値の異常を指摘された方、お食事や栄養が気になる方はいつでもお気軽に当院内科を受診ください。

 

まとめ

このように、内科というのは実に幅広い病気の診断、治療を行っております。
ですから、どこが悪いのかはっきりわからなくても、上述したような症状にお悩みの際はまず内科を受診することをおすすめします。

当院には内科診療に精通した医師がおりますので、安心して受診くださいね。