診療案内|【いそざきファミリークリニック】|浜松市東区の内科・小児科

浜松市東区有玉北町1760-1
 053-432-6111 FAX 053-432-6112

LINE WEB予約はこちら

診療案内

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまうために十分な睡眠がとれない病気です。英文名(Sleep Apnea Syndrome)の頭文字をとって、「SAS」(サス)と呼ばれます。無呼吸が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上あればSASとされます。
SASの患者さんは、日中の眠気や疲労感を感じやすく、心臓病や脳卒中、突然死を起こしやすく、慢性腎臓病(CKD)を悪化させます。治療を要するSAS患者は日本で200万人と推定されますが、ほとんどが未治療のまま見過ごされています。
SASでは、CPAP(シーパップ)という、夜間睡眠補助装置による治療を行います。CPAPにより熟睡が得られ、睡眠薬の減量・中止、日中の眠気や疲労感の改善、高血圧の改善、寿命の延長などが報告されています。
ご自分では気付かなくても、ご家族などからいびきや居眠り時の無呼吸を指摘され、「もしかしたら?」と思ったら、お気軽に当院にご相談下さい。